ヤマト運輸を過信してはいけない

先日、家族で旅行した時の話です。

小さい子供がいると、旅行する時でも荷物が多くて大変ですよね。

オムツとか着替えとか遊び道具とか。

飛行機を使うこともあって、今回は子供の荷物を旅先のホテルに宅急便で送っておくことにしたんです。

チェックイン日の午前中に指定して

しかし、これが間違えでした。

荷物が届かない

当日ホテルに着いてチェックインすると、フロントの人から言われました。

「荷物が届いてないですけど、大丈夫ですか?」

え?

突然荷物を送りつけても迷惑なので、事前に電話をして、チェックイン日の午前中に指定して送ることを伝えておいたんです。

それなのに荷物が届かないので、フロントの人が確認してくれたのでした。

「間違いなく送ったのに、届いてない・・・」

大人は1日1回着替えれば問題ないですが、小さな子供は違います。

すぐ汗をかくから肌着は何回か替えたいし、それよりもオムツが問題です。

念のため5枚くらいは手荷物に入れておいたのですが、小さい子は本当にすぐオシッコします。

ウンチもします。

あっという間に持参したオムツが無くなってしまいました・・・

自分も慌ててドラッグストアに向かったのですが、実はこれが結構な夜中で、近くのドラッグストアはすでに閉まってたんです。

これは困った(笑)

旅先で土地勘も無いし、車も無いし、すでに周りは真っ暗だし・・・

そんな時に自分を助けてくれたのが、セブンイレブンでした。

セブンイレブンでもオムツが買える

オムツを探して外を彷徨っているとき、ちょうど数日前に見たネットニュースを思い出したんです。

それは、セブンイレブンが紙オムツの取り扱いを増やすということ。

紙オムツっていうのは包装がかなり大きく場所を取り、さらにサイズも新生児用からLLサイズまで。

テープタイプとパンツタイプがあり、そんな10種類くらいを、さらに各社が販売しています。

単価もたいして高くないですし、紙オムツの在庫を充実させることは、スペースの少ないコンビニにとって至難の業なんです。

ただ、それをセブンイレブンがやると。

そのニュースを思い出した自分は、セブンイレブンに走りました。

そして、奇跡的に売ってたんです。

Mサイズの紙オムツが。

サイズもピッタリの紙オムツを発見した自分は、心の中で踊りながら紙オムツを手に取ってレジへ向かったのでした。

必需品は手荷物を多めに

自分は旅行に行くとき、

最悪忘れ物があっても、お金さえあれば現地で買える

今回の件があるまではこう考えていました。

確かに間違えではないのですが、これは

現地で売っている

という前提があっての話なんですね。

でも地方に行けば売ってない物もあるし、夜になると普通に店がしまってます。

少し、都会の便利さに慣れ過ぎていたようです。

今回の件からは少し考えを改め、子供の物に関しては少し多めに手荷物で持っていくことにしました。

自分の物であれば我慢すれば済む話なんですけど、小さな子供は我慢できないですからね。

何よりかわいそうですし。

ヤマト運輸も完璧ではない

そして何より、ヤマト運輸も完璧ではないということですね。

ヤマト運輸だって、実際にやっていることと言えば人間がトラックを運転して荷物を運んでいるだけです。

機械が荷物を自動で運んでくれているわけではありません。

人間がやっているからにはミスもあります

日本の優れたサービスに勘違いしがちですが、日付や時間帯を指定できることが異常なんですよね。

そして、一応ヤマト運輸の伝票には、場合によっては指定の日時に届けることが出来ない旨も書いてあります。

ですので、絶対に遅れられたら困るような荷物は、送るのではなく自分で持って移動する必要があるな~と思ったのでした。

コメントを残す