労働時間中の選挙権の行使を拒むことは違法

労働基準法7条

(公民権行使の保障)
使用者は、労働者が労働時間中に、選挙権その他公民としての権利を行使し、又は公の職務を執行するために必要な時間を請求した場合においては、拒んではならない。但し、権利の行使又は公の職務の執行に妨げがない限り、請求された時刻を変更することができる。

時刻を変更できる→有休の時季変更権みたいな?

有給にするか無給にするかは当事者間の取り決めによる

公民としての権利

〇選挙権、被選挙権
〇最高裁判所裁判官の国民審査
〇特別法の住民投票
〇憲法改正の国民投票
〇行政事件訴訟法による民衆訴訟
など

×個人としての訴権
×他の立候補者のための選挙活動
など

公の職務

〇衆議院議員その他の議員の職務
〇労働委員会の委員の職務
〇労働審判員の職務
〇裁判員の職務
〇検察審査員の職務
〇民事訴訟上の証人の職務
〇選挙立会人の職務
など

×予備自衛官の防衛召集又は訓練招集
×非常勤の消防団員の職務
など

コメントを残す