2018年シーズンJ1リーグ順位予想

いよいよ、明日2月23日からJ1リーグが開幕します。

サッカー好きとして待ちに待ったという感じなのですが、せっかくなんでJ1リーグの順位予想でもしておこうと思います。

明日開幕なので、今日のうちにと慌てて書いてます(笑)

というわけで、2018年シーズンの順位予想がこちら!

2018年シーズン順位予想

1位 セレッソ大阪
2位 鹿島アントラーズ
3位 柏レイソル
4位 浦和レッズ
5位 川崎フロンターレ
6位 ジュビロ磐田
7位 FC東京
8位 サガン鳥栖
9位 ガンバ大阪
10位 ヴィッセル神戸
11位 ベガルタ仙台
12位 名古屋グランパス
13位 横浜F・マリノス
14位 サンフレッチェ広島
15位 湘南ベルマーレ
16位 清水エスパルス
17位 北海道コンサドーレ札幌
18位 V・ファーレン長崎

優勝争いは5チームと予想

選手層や昨シーズンからの継続性を考えると、今シーズンの優勝争いはセレッソ大阪、鹿島アントラーズ、柏レイソル、浦和レッズ、川崎フロンターレの5チームに絞られそうです。その中で、浦和レッズだけはACLが無いので日程的に少し有利かもしれない。

セレッソ大阪の勢いに注目

昨シーズンから1ステージ制に戻ったことで、チームには安定感のある強さが必要になっています。勢いだけでは優勝できなくなった。

しかし、今シーズンだけは違います。今シーズンの大きな違いは、ワールドカップのための中断期間があること。それによって、中断前まで勢いで突っ走る。中断期間にエネルギーを補充して、中断後はシーズン終了まで勢いで突っ走ってしまうことも可能かもしれません。

ということで、優勝予想はセレッソ大阪。昨シーズン2冠を達成して勢いがあることに加え、チームの中心選手に同世代が多い。同世代の選手が多いと勢いにノりやすいですからね。その逆もありますけど(笑)

川崎フロンターレは高齢化に注意

一方で昨シーズン優勝の川崎フロンターレは、中心選手の高齢化が気になるところ。中村憲、家長、小林、阿部・・・今シーズン加わった大久保もです。

特に今シーズンは、ワールドカップのための中断期間の影響で、その前後がかなり過密日程となっています。その過密日程を、若い選手達と起用しながら上手くターンオーバーしていけるかどうか。

鬼木監督の手腕が問われるシーズンになりそうです。

降格争いは4チームか

今シーズンから16位のチームはストレートで降格とはならず、J2のプレーオフ勝者と対戦し、敗れれば降格となります。

とはいっても、各チーム15位以上を死守したいはず。

北海道コンサドーレ札幌にミシャサッカーはハマるのか

北海道コンサドーレ札幌は、今シーズンからミハイロ・ペトロヴィッチ監督が指揮を執ります。札幌は、チームがこのまま守備的な戦いをしていては目標としているJ1定着は難しいということで、四方田監督はコーチとなり、ペトロビッチ監督と契約を結びました。

ただ、昨シーズンのコンサドーレは、守備的ながらも良いサッカーをしていました。高さのある選手が揃い、守備を固めながら、福森選手のセットプレーからゴールを奪う。

三好選手や駒井選手が加わったとはいえ、そこから180度転換するようなミシャサッカーをチームに落とし込むことは出来るのか。

ある程度の妥協点を見つけて試合をこなしていかなければ、かなり厳しいシーズンになりそうです。

V・ファーレン長崎のJ1残留は厳しいか

昨シーズン、J2リーグでギリギリ2位に滑り込み自動昇格、初のJ1昇格を成し遂げました。

冬の補強では、徳永選手や中村北斗選手など、地元長崎出身の選手を獲得。初のJ1リーグ挑戦にむけた選手補強を行いました。

ただ正直、J1残留を達成できるような戦力が揃っているとは言えない。順当にいけば、1年でのJ2降格となってしまうでしょう。

重要となってくるのは序盤戦。J1のプレッシャーに負けず、どれだけ勝ち点を稼いで勢いにのれるかが重要になりそうです。

序盤から連敗が続くようだと、そのまま浮上することなくJ2降格が決定する可能性もありそうです。

中位争いは予想が難しい

中位は順位予想が難しいわけですが、場合によっては台風の目となって上位争いに加わってきそうなチームもあります。

名古屋グランパスは新戦力次第

まず注目したいのが名古屋グランパス。

風間監督のパスサッカーに加え、今シーズンから元セレソンのジョーと元ドルトムントのランゲラクが加わりました。特にジョーに関しては、神戸のポドルスキーに次ぐ知名度と実績を持ちます。

そんなジョーがどの程度チームにフィットするか。

上手くいけば上位争いに加わる可能性もありますし、フィットしなければ降格争いに加わる可能性もあります。どちらかといったら後者の可能性が高いような気もします(笑)

ガンバ大阪とFC東京は下部組織出身の選手に期待

ガンバ大阪とFC東京は、ともにU-23チームがJ3で戦っており、優秀な若手選手が数多く所属しています。

しかしながら昨シーズンは共に低迷。どちらのチームも監督交代をして今シーズンに挑みます。

特にガンバ大阪はベテラン選手が多く、若手の突き上げが必須。

若手を上手くトップチームに融合し、ポジション争いを活発にしていけるか。若手の急激な成長があれば、上位争いに加わることも可能ではないでしょうか。

そういう意味で、監督の手腕が問われるシーズンになりそうです。

川崎フロンターレ頑張れ!!

以上、2018年シーズンJ1リーグの順位予想でした。

ここまで書いてきませんでしたが、自分は川崎フロンターレのファンなんですよね。ファンクラブにも入ってます(笑)

しかしながら、ここまでゼロックスカップとACLで公式戦3連敗中・・・かなり心配です(笑)

ただDAZNマネーのこととか考えても、やっぱりメインとなるのはJリーグ!なんだかんだリーグ戦はしっかり勝ってくれると信じてます。川崎フロンターレ頑張れ!!笑

なにはともあれ、待ち望んだJリーグ開幕がいよいよ明日です。

今年も1年間、Jリーグを楽しんで観ていこうと思います!

コメントを残す