社労士24はツイッターも神だった

社労士の勉強には社労士24を利用してます、どうも薬剤師ttです。

以前の記事で、迷いながらもついに社労士24を申し込んだ記事を書きました。

以前の記事>>社労士24に申し込みました

その後、無事に教材が届き、WEB動画を視聴しながら勉強を始めたところなんですが・・・

これがまた噂通りのハイクオリティーで、分かりにくいところが本当に上手くまとめられてます。

勉強を始めたばかりの自分にはまだ着いて行くのがやっとといったところなんですが、この早い時期から社労士24というものを知れて良かったなあと感服する毎日です。

そんな中、今日改めて社労士24が神だなと思う出来事があったんですね。

Twitterでの出来事

それは今日の午後4時頃の出来事。

年金について勉強してた自分は、こんなことをツイートしました(ツイートしてないで勉強しろよ笑)

関西人でもないのに、何やねんて何やねんて感じなんですが(笑)

まあ取り合えず、昭和40年ていうのが覚えにくいな~と思ってたんですよね。

そうしたところ、その15分後くらいに奇跡的なタイミングで、社労士24のアカウントからこんなツイートが。

いやこれ、偶然とかじゃなくて、完全に自分のツイート見て教えてくれてるよね(笑)

ちゃんと昭和40年の根拠を教えてくれて、その上で丸暗記の方が良いということアドバイス。

もうこれ完全に神ですわ(笑)

ちなみに塩川元財務大臣ていうのは、昭和40年4月1日の語呂合わせ。

第一次小泉内閣のときに財務大臣を務めた人で、すでに80歳になろうとする人が財務大臣に就いたということで話題になったそうです。

そんな塩川元財務大臣の愛称が『塩爺』ということで、65歳以上の高齢でも特例で任意加入できる要件の語呂合わせになります(4041=しおじい)。

エピソードと絡めた記憶は忘れない

これでもう、特例任意加入については絶対に忘れないですね。

なんでって、これ以上のエピソードは無いから(笑)

エピソードと絡めた記憶は忘れないですからね。

っていうか、ここまでして忘れたら社労士24に申し訳ないですわ(笑)

そんなわけで、来年の試験に特例任意加入の問題が出題されることを願いつつ、勉強を再開しようと思います。

コメントを残す