2018年J1リーグ順位予想の答え合わせ

少し時間が経ってしまいましたが、2018年のJ1リーグが終了し、順位が確定しました。

せっかくシーズン前に順位予想をしていたので、今回は答え合わせをしてみたいと思います。

先に言っておきますが、本当に全然当たりませんでした(笑)

順位予想の答え合わせ

まず初めに、シーズン前に予想した順位がこちら。

1位 セレッソ大阪
2位 鹿島アントラーズ
3位 柏レイソル
4位 浦和レッズ
5位 川崎フロンターレ
6位 ジュビロ磐田
7位 FC東京
8位 サガン鳥栖
9位 ガンバ大阪
10位 ヴィッセル神戸
11位 ベガルタ仙台
12位 名古屋グランパス
13位 横浜F・マリノス
14位 サンフレッチェ広島
15位 湘南ベルマーレ
16位 清水エスパルス
17位 北海道コンサドーレ札幌
18位 V・ファーレン長崎

シーズン終了後の最終順位がこちら。

1位 川崎フロンターレ(+4)
2位 サンフレッチェ広島(+12)
3位 鹿島アントラーズ(-1)
4位 北海道コンサドーレ札幌(+13)
5位 浦和レッズ(-1)
6位 FC東京(+1)
7位 セレッソ大阪(-6)
8位 清水エスパルス(+8)
9位 ガンバ大阪(0)
10位 ヴィッセル神戸(0)
11位 ベガルタ仙台(0)
12位 横浜F・マリノス(+1)
13位 湘南ベルマーレ(+2)
14位 サガン鳥栖(-6)
15位 名古屋グランパス(-3)
16位 ジュビロ磐田(-10)
17位 柏レイソル(-14)
18位 V・ファーレン長崎(0)

()内の数字か予想との誤差なわけですが、いくつか誤差ゼロの的中もあれば、十位以上の誤差がある大外れもありました。

サンフレッチェ広島とコンサドーレ札幌の躍進

まず、予想よりも10位以上順位が良かったのがサンフレッチェ広島とコンサドーレ札幌。

サンフレッチェ広島は14位、コンサドーレ札幌にいたっては自動降格圏の17位と予想しています。

城福監督に代わって、予想外のスタートダッシュを見せたサンフレッチェ広島

終盤に大失速して優勝は逃しましたが、昨シーズン降格争いしたところから、ここまでの立て直しは予想外でした。

そしてミシャサッカーが意外にもハマったコンサドーレ札幌

三好や駒井など適材適所な補強が当たり、残留争いどころかACL争いにまで加わってしまいました。

来シーズンは三好や都倉が抜け、京都の岩崎の加入が決まっています。

チャナティップや駒井が残ることも決まっており、来シーズンもなかなか面白いサッカーを見せてくれそうです。

中位はまさかの的中

ぶっちゃけ適当に順位を予想した中位ですが、9位ガンバ大阪、10位ヴィッセル神戸、11位ベガルタ仙台とまさかの的中です。

ベガルタ仙台はまあこんな感じかなといったところですが、ガンバ大阪ヴィッセル神戸は紆余曲折ありましたね。

どちらも天国も地獄も見たといったところでしょうか(笑)

ただどちらも来期が楽しみな予感。

来期はより上位でシーズンを終えるのではないでしょうか。

柏レイソルがまさかの降格

シーズンが始まる前は、優勝を予想する人もいたのではないでしょうか。

柏レイソルがまさかの降格です。

あれだけのメンバーがいながら降格するとは・・・

色んな理由があるのでしょうが、フロントの責任が大きいのは明確です。

今のところまだ、鈴木大輔が浦和レッズに移籍するくらいしか情報は出てませんが、どれだけの選手が来シーズンも残ってくれるのか。

良い選手が多かっただけに、J1のチームから狙われている選手も多そうです。

伊東や中山は海外移籍も視野に入れてるでしょう。

年末年始、柏レイソルサポはドキドキの毎日が続きそうですね。

来シーズンも順位予想しますよ!

鹿島アントラーズや浦和レッズも大苦戦した今シーズン。

なかなか順位予想が当たらないシーズンだったのではないでしょうか。

優勝を良そうしたセレッソ大阪も、結局7位でパッとしない結果でした。

ただ嬉しかったのが、川崎フロンターレの優勝です。

なんたって自分は川崎サポですからね(笑)

しかも2連覇

来シーズンは3連覇がかかっています。

さすがに3連覇は難しいでしょうが、そういったところも楽しみながら、またシーズン前には順位予想をしようと思います。

社労士の勉強をメインにしながら、気分転換にサッカーも楽しんでいこうと思います!

コメントを残す