社労士24を聴いてるだけでは覚えられない

これまでにも何度か書いてますが、自分は社労士24というツールを使って勉強しています。

社労士試験勉強の要点をまとめにまとめ、24時間の動画にして配信しています。

自分は本来、動画というコンテンツで勉強することはあまり好みません。

理由はいくつかあるのですが、簡単に言えば効率が悪いからです。

人間の話にはそれなりに間があって時間の無駄になりますし、知ってる内容だった時にも飛ばすのが大変です。

その点、文字ベースの勉強は自分のペースで読み進められますし、読み飛ばすのも簡単です。

しかし社労士24は、そういった動画コンテンツの弱点を克服し、とにかく無駄な時間を省略しています。

人間がよく使う、「あ~」とか「え~」とか間を作るような言葉が一切ありません。

その結果、内容がギュッと詰まった24時間の動画となっており、利用者が増える要因となっています(多分)

そんな社労士24を使って勉強を進めてるのですが、最近思っていることがあります。

それは、

社労士24を聴いてるだけでは覚えられない

ということです。

「ながら勉」は記憶に向かない

自分が社労士24というコンテンツをゲットして、まず初めに始めたのが「ながら勉」でした。

「ながら勉」を知らない人もいるかと思いますが、ようは

・料理しながら勉強

・仕事の準備しながら勉強

・車の運転しながら勉強(危ないw)

といった感じで、何か他のことをしながら勉強することを言います。

動画の映像は見ずに、音声だけを聞き耳で勉強する方法ですが、結構している人も多いのではないでしょうか。

自分もTwitterでこの方法を知り、取り入れてみました。

だがしかし。

全然覚えられない(笑)

聴いてる時は覚えたような気でいたものが、いざ問題を解いてみると全く頭から出てこない。

まさに、音声が右耳から左耳に抜けていったようです(笑)

Twitterでは結構この方法で上手くいっている人もいるみたいなのに、なぜ自分は上手くいかないか。

それは、自分が最初から「ながら勉」だったからです。

「ながら勉」は、いってみたら復習の勉強法です。

一度記憶した内容が段々薄れていくところを、上から薄く塗りなおすようなイメージです。

しかし自分は最初から「ながら勉」をしていたので、薄れていく記憶すら無かったのです(笑)

そういった状態での「ながら勉」は全く意味が無い。

完全に時間の無駄でした(笑)

それに気づいてからは、まずは動画を見ながらテキストを開き、一度しっかり頭に詰め込む。

その後に「ながら勉」で、一度覚えたけど忘れかけていた部分を復習するようにしています。

こういった使い方だと、音声だけでも十分に役立ちます。

1.5倍速や2倍速での「ながら勉」も可能になってきます。

「ながら勉」は使い方次第

自分もけっこう後発組だと思うのですが、もしこれから社労士24を使い始めようという人。

もしいたら、くれぐれも使い方に注意してください。

最初から「ながら勉」をしてしまうと、なかなか頭に入ってこないですよ!

よほどの天才でない限り(笑)

コメントを残す