開業に向けて

メールアドレスを取得しました

登録前にやることリストの

⑫メールアドレスの取得

今回、ようやくメールアドレスを取得したので書いていきます。

サーバーとドメインの取得

独自ドメインのメールアドレスを取得するためには、基本的にサーバードメインが必要になります。

独自ドメインの方がなんとなく信頼感があるので、仕事で使うなら独自ドメインのメールアドレスを取得したいですよね。

ちなみに独自ドメインというのは、メールアドレスの「@」の後ろを自分で設定しているものです。

フリーメールの場合は、「@」の前は自分で設定できても、「@」の後ろは設定できないですよね。

よく使われる例えですが、

サーバー:土地
ドメイン:住所
ブログ・HP:家

というのが分かりやすいですよね。

メールサービスは、家にポストを付けるような感覚でしょうか。

サーバーの取得

サーバーの取得と書いてますが、ほとんどの人がサーバーをレンタルすると思います。

レンタルサーバーで有名なのは、

エックスサーバー

ロリポップ

さくらのレンタルサーバ

この辺りでしょうか。

私は5年以上wordpressでブログを書いてますが、サーバーはずっとエックスサーバーです。

エックスサーバーやロリポップは、キャンペーン期間中だとドメインを1個無料で取得できるのでオススメです。(永続で無料です)

ドメインの取得

サーバー(家)を取得したら、そのサーバー内にドメイン(住所)を取得します。

このブログのドメインは「adoyakunikki.com」ですが、このドメインでメールサービスも利用可能です。

このドメインでメールサービスを利用する場合は、「~~@adoyakunikki.com」というメールアドレスになります。

もしHP用にドメインを取得するなら、それと一緒にメールアドレスを取得しても良いかもしれないですね。

ちなみに独自ドメインなら

お名前.com

が有名です。

業界最安値でシェアNo.1らしいです。

ただ評判はあまり良くないので注意が必要です(笑)

サーバーを持たずに独自ドメイン

ちなみに、サーバーを取得せずに独自ドメインのメールアドレスを取得する方法もあります。

これも、だいたいのレンタルサーバー会社やドメイン会社ならやってるサービスなので調べてみてください。

ただ社労士開業する方の多くはホームページを作成すると思うので、どうせならHP作成用にレンタルしたサーバー上に独自ドメインを持った方が安く済むと思います。

メーラーはGmailを使用

こうしてメールアドレスを取得したわけですが、メーラーを決める必要があります。

メーラーというのは、実際にメールを送受信するソフトですね。

以前はOutlookを使用していたのですが、今回はGmailを使用することとしました。

Gmailは、googleアカウントを使った時にもらえるアドレスのフリーメールを送受信するだけでなく、独自ドメインのメールを送受信するのにも利用することが出来ます

設定は簡単なので、ネットで調べてみてください(笑)

ちなみに、当初検討していたGoogle Workspaceの利用は、今回は断念しました。

今後、クラウドストレージの用量等も踏まえて、Google Workspaceに一本化するか検討していこうと思います。

メールアドレス取得にかかった費用

メールアドレス取得にかかった費用としては、

サーバー料金:年額13200円

ドメイン料金:年額1650円

サーバーはブログで使ったりもしているので、実質はドメイン料金だけってことで、だいたい月135円くらいですかね。

どの会社も初回の取得料金はすごく安いのですが、更新は年額でこのくらいかかってくると思います。

ぶっちゃけ、サーバーもドメインも、どこで取得しても大差ないと思います(笑)

まとめ

以上、メールアドレスの取得について書きました。

①利用者識別番号の取得
②名刺作成
③事務所案内・料金表作成
④HP作成
⑤PC購入
⑥会計システム導入
⑦印鑑作成
⑧クラウドストレージ導入
⑨ぱーそなるたのめーるorロハコ登録
⑩契約書等書類作成
⑪仕事用携帯の契約
⑫メールアドレスの取得

だいぶ消えましたね。残り5個です。

クラウドストレージはクライアントに合わせるケースが多いと思うので、適当で良いかな(笑)